エール(AILE)のエステの勧誘を断る5つの方法とは?

 

エールの勧誘ってどうなの?

 


 

(エステ幼稚園:園長)

 

あなたがエールの体験コース、または入会したとして、少なからず勧誘に合うはずです。

 

この勧誘をうまくかわせるなら、エールは優れたエステサロンなので一度は受けたい。と思うはずです。

 

そこで、このページでは、勧誘の断り方を紹介しているので、あなたは勧誘を軽く断り、気分よくエステを受けることが可能です。

 

勧誘が心配なら、ぜひ、チェックして勧誘をサラっと、断る方法をおぼえていきましょうね!

 

気軽に公式サイトを見てみる!

↓ ↓ ↓

 

 

エールエステ勧誘の口コミは?

 

 

エールで勧誘を受けた、口コミをチェックしてみましょう!

 

「特に店長と主任の勧誘がしつこく」

 

お試しコースの初回から勧誘されます。まずは100万円のコースの話から、、、

 

最低でも40万円位の契約をオススメされます。

 

毎回、施術中と施術後に商品購入や友人紹介の勧誘をされます。

 

特に店長と主任の勧誘がしつこく、さりげなく職業を聞いてきたり、持ち物チェックをしてこちらの経済状況を伺っています。

 

「待ってほしいと言っても、粘られました。」

 

体験中もひたすらアピールされました。終わってからシャワーを浴びた後で、ほぼ裸のままで、

 

40万円くらいのコースの契約を、勧められて、待ってほしいと言っても、粘られました。

 

怖かったです。今契約しないと、割引もできないし、サービスもつかないので、今が契約してほしいと言われます。

 

エールでの勧誘に対する口コミでしたが、エールでは勧誘があります。

 

エールでの勧誘の口コミをチェックすると通いたくないですよね?

 

ですが、たくさんの方にとって、エールの体験コースは魅力なワケです。

 

「じゃあ、どうするのか?」

 

体験コースを受けちゃってくださいw

 

受けてほしい理由として、エールは入会してくれそうな、お客様をとくに積極的に勧誘しているからです

 

さきほど口コミのお客様は、

 

  • 断り方が悪かった。
  • 入会する気が少しはあった。

 

こう言えます。

 

そのため、勧誘の断り方を準備しておけば、勧誘に合ってもアッサリ断ることができますよ。

 

では、しつこい勧誘に合わない方法をご紹介しますね!

 

 

 

エステサロンで勧誘に合われる方は、勧誘されやすい人とも言えます。

 

わたしの経験から、スタッフと仲良くなって、話しをして「はい。はい。」と言ってくれるお客様は勧誘しやすいです。

 

世間話しで、盛り上がるのは良いのですが、勧誘の話しになったら、「大丈夫です!」「間に合ってます。」

 

冷静にハッキリと断ることが大切です。さらにしつこいなら「無視。」このようにされると、わたし達は勧誘しにくいです。(汗)

 

あなたが勧誘を苦手としているなら、あなたとスタッフにしっかり線引きをしておく必要があります。


 

勧誘あっさり!あとはエステ体験♪

↓ ↓ ↓

 

エールでしつこい勧誘に合わない方法

 

 

ここからは勧誘の断り方を紹介します。とくに大切なポイントなので、読んでおくと勧誘にあっても簡単に断ることができます。

 

勧誘の断り方@:時間がない。

 

 

エールでしつこい勧誘に合わない方法として、前もって時間がないアピールをしておきます。

 

時間がないって言われると、どうしても勧誘に時間をかけられません。理由として、お客様に迷惑はかけられないからです。

 

勧誘の時間になって、「もう時間がないので。」と言ってしまうと良いでしょう。

 

携帯のアラーム機能を使う方法もおすすめです。

 

時間がないのに、しつこい勧誘をするのは非常識ですよね。

 

勧誘の断り方A:契約するには相談が必要

 

 

しつこい勧誘に合わない方法に、わたしに決定権はなく旦那がもっていると伝える。

 

こう言われてしまうと、強引な勧誘はできません。

 

「持ち帰って、旦那に相談しないと決められないので。」

 

「旦那が怖いんですよ〜。」

 

こう付け加えると、エステシャン的にもあまり強引な勧誘はできないです。

 

勧誘して、旦那からクレームが入ったら怖いですから。

 

 

 

エールの悪い口コミをお読みになりましたか?読んでいないなら大変参考になるページです。

 

エールの悪い口コミと効果から評価したら?

 

勧誘の断り方B:ほかのサロンと比較したい

 

 

体験コースを受けたけど、ほかのサロンと比較したいと伝える。

 

これもサロン的にはOKな断り方で、現在ではたくさんの痩身エステが存在します。

 

体験コースがあること自体、ほかと比較して決めてください。と言っているようなモノです。

 

ほかのサロンと比較して、あなたに合うか決める権限はあなたにあるワケです。

 

しつこい勧誘を断る理由として、「ほかのサロン比較したい。」こう伝えると、エステサロンとしても強引な勧誘はできないはずですよ。

 

勧誘の断り方C:前もって勧誘がキライと伝える。

 

エステを受ける前のカウンセリングで、

 

「以前に通っていたエステサロンは、勧誘がひどくてヤメたんです。」

 

こうはじめに言っておくことで、エールのスタッフは勧誘しにくくなります。

 

「このお客様は勧誘が嫌いなんだ。」こうスタッフはとらえるからです。

 

このように言っておくと、簡単なコースの説明で終わってしまいます。

 

勧誘の断り方D:解約をチラつかせる。

 

ここから説明するのは、契約してからの勧誘の断り方になりますよ。

 

これから別のサロンに行っても通用する方法なので読んでおいてくださいね。

 

 

 

あなたが契約して、コースの勧誘がイヤなら、「解約。」のフレーズをチラつかせると、わたし達は勧誘しにくいです。(汗)

 

「あまりしつこいと解約しますよ〜。」みたいに冗談ぽくても、わたし達は「ドキッ。」とします。(汗)

 

どこのエステサロンでも解約は絶対に避けたいことで、解約されると、エステ側としては収入がゼロになります。

 

なにげない勧誘が、解約にまで、発展したら最悪です。

 

解約。

 

この2文字はエールにとって、恐怖の言葉に聞こえるでしょう。(笑)


 

 

エールで契約するなら、料金プランを知っておかないといけません。

 

このページを読んでおくと、エールの料金プランがわかり安心してコースを契約できますよ♪

 

エールの料金プランとエステコース

 

エールの勧誘をひどくしてしまう返答。

 

 

つぎに勧誘をひどくしてしまう返答があります。

 

あなたの返答しだいで、しつこい勧誘になってしまいます。

 

その一例は、

 

「お金がないので。」

 

こう伝えると、「ローンが組めるで安心ですよ!」

 

と、待ってました。とばかりに、ニコニコしながら言ってきます。

 

エステサロンでお金がない。このいいワケは通用しません。

 

勧誘を断るなら、お金がない。これはダメな断り方です。覚えておいてください。

 

体験コースを褒める。

 

あなたが体験コースを受けて、「体験コース良かったです!」

 

これを言ってしまうと、勧誘がひどくなります。

 

うちと契約してくれるかも!?と思います。現在はエステサロンは星の数ほど存在します。

 

そのため、ご新規様と契約できることは大切なことです。

 

契約する気がないなら、お礼は言ってもOKですが、体験コースをべた褒めするのはあまりよくありません。

 

 

エールにノルマはありませんが、スタッフは「お客様の悩みを解決したい。」「キレイになってほしい。」こう思っています。

 

エステティシャンの仕事は、お客様にキレイに痩せて満足してもらうことが仕事です。

 

満足させられない。=仕事ができない。

 

↑↑こう言えます。

 

エステティシャンの中には、将来的に開業することを目的にしているエステティシャンも多いものです。

 

こころざしが高いので、お客様のためを思って、提案していることが勧誘に感じる可能性もあるということです。

 

あなたが気に入らないなら、「ハッキリ断ることは悪いことでない。」と思ってくださいね。


 

エールまとめ

 

 

  • エールでは勧誘にあった口コミあり。
  • エールの勧誘の断り方は5つあるので、知っておくと良い。
  • 勧誘をひどくしてしまう断り方あり。

 

エールでは勧誘にノルマがないので、アッサリ断ることができます。エールのスタッフとしても、ノルマがないので勧誘する意味がありませんよね。

 

ですが、エステティシャンの仕事はお客様に満足してもらうことです。情熱あるスタッフは、エステの提案が勧誘になっていることもあります。(汗)

 

このページで紹介した勧誘の断り方をしっかり覚えておくと、

 

「エールの勧誘。エステサロンの全般の勧誘。」

 

簡単に断ることができますよ。

 

気軽に体験コースだけ受けたいけど。。。

 

そんなあなたは勧誘を気軽に断って、気持ちいいエステ体験をしてほしいと思います。

 

エステって本当にすばらしいので、体験コースだけでも気軽にお受けくださいね♪

 

 

気持ちいい〜体験しよう♪

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

page top