【※危険※】キャビテーションのやり過ぎには注意!副作用も…

キャビテーションを受けると痩せるなら、やり過ぎるくらい受けたいなぁ〜。
だけど、受け過ぎると身体になにかトラブルあるかも!?

 

キャビテーションをやり過ぎるとどうなるのでしょうか?

 

このページでわかることは?

  • キャビテーションのやり過ぎは副作用が起こる可能性大。
  • キャビテーションの効果的な回数がわかる。

 

長年エステサロン関係で働いているので、いつの間にかエステの知識がすごい事に。(笑)

 

わたしの知識や経験からキャビテーションのやり過ぎについて解説します。

 

じつはキャビテーションをやり過ぎと注意することがあります。

 

 

キャビテーションのやり過ぎは副作用あり!?

 

キャビテーションを受けると脂肪細胞やセルライトが減り、痩せやすいカラダになります。
詳しくはキャビテーションとは?のページをチェックしてください。
あなたが早くキレイに細くなりたい!という気持ちはわかりますが。。。
キャビテーションをやり過ぎるとある危険性があります。
それは内蔵に負担がかかりまくることです。(汗)
内蔵にある肝臓って、負担がかかっても自覚症状がわかりづらいのが特徴です。
キャビテーションをやり過ぎると、身体が疲れる。重い。だるい。などの肝臓からの副作用が起こる可能性があります。
また、キャビテーション本来の効果が落ちてしまい、エステを受けた意味がなくなってしまいます。
キャビテーションを受けるには、お金も発生していますから、やり過ぎには注意して欲しいです。

 

キャビテーションをやり過ぎると眠気あり!?

 

キャビテーションをやり過ぎると、肝臓に負担がかかり、だるい。重い。疲れる。
などの副作用のほかに眠気という副作用も起こります。
副作用とは?風邪薬を飲んで風邪は治ったが眠気などほかの症状が現れることを言う。
なぜ、キャビテーションをやり過ぎると眠気が起こる可能性があるのか?
それは身体が疲れたり、内蔵が疲れると脳では
「あっ!大変だ〜。身体が疲れてるよ〜。寝かせて休ませよう!」
脳が身体のために、眠気の命令を出します。
あなたも風邪をひくと、眠気が襲ってきませんか?
また、アルコールを飲み過ぎると眠気が襲ってきません?
これ全部、脳からの司令だったりします。
キャビテーションのやり過ぎは以上のことが起こりますから注意して下さい。

 

キャビテーションをやり過ぎない回数とは?

 

キャビテーションをやり過ぎない程度に受けるには、キャビテーションを受けてから、最低でも3日以上はあけてください。
キャビテーションの効果は2日以上は続きますから、
3日から4日はあけるのがふつうです。もしも、エステサロンに通っているなら、エステシャンから注意事項として教えてもらえます。
また、2日連続でキャビテーションを受けると、効果が持続しているので、もったいないエステの受け方をしているわけです。
お金を払っているので、効果的とは言えませんよね。
キャビテーションを効果的に受けるには、肝臓を休ませるなど身体を考えて受けることが大切です。
ですから、3日から4日あけてから、キャビテーションを受けてくださいね。1週間に2回くらい抑えておきましょう。

 

キャビテーションは前後のケアが大切!

 

あなたがキャビテーションを受けるとして、キャビテーションを受けたら激やせしやちゃうかも〜。
と思っているなら、それは間違いです。(汗)
キャビテーションを受けて痩せるのではなく、痩せやすくなるエステマシンです。
キャビテーションは脂肪細胞やセルライトを流していきますから、
身体によけいな物がなくなり、リンパや血流が良くなっていきます。
結果として、痩せやすい身体になります。
そのため、キャビテーションを受けたらケアが必要になります。

 

キャビテーションのケアに水分補給

 

キャビテーションを受けたら、水分補給をすると効果的に老廃物を排出してくれます。
水分補給と言っても、ガブ飲みするのではなく、少しずつこまめに水分を取ることが大切です。
あなたが家庭用、もしくはエステサロンでキャビテーションを受けているなら、
水分はこまめに飲んでください。
日本人はとくに軟水が飲みやすいと思います。

 

キャビテーションのケアにカラダを温める。

 

キャビテーションのケアには身体を温めることも大切になります。
身体を冷やすと、せっかくキャビテーションで乳化した脂肪やセルライトがまた固まってしまいます
身体を温めることで、脂肪やセルライトが流れやすくなります。
冷たいエアコンにあたり過ぎない。
ふだんより厚着をする。
温かい飲み物を飲む。
以上を心がけてくださいね。

 

キャビテーション前後の食べ物のケア

 

キャビテーションは受ける30分前から受けた後の2時間は
食事を控えるように指導があります。
理由として、人間の身体は食べ物を食べると優先して食品を消化します。
すると、キャビテーションで溶け出した脂肪の排出を後回しに内蔵がしてしまうのです。
せっかく受けたキャビテーションが無意味になってしまいます。(汗)
これまた、もったいないですよね。
キャビテーションを受けた前後もケアをしっかりしてくださいね。

 

まとめ

 

 

キャビテーションのやり過ぎは効果がないばかりか副作用を引き起こすので、
適切な回数を知って、エステサロンに通ったり、家庭用のキャビテーションを使ってくださいね。
キャビテーションは身体や内蔵に負担をかけますから、
あなたの身体のために、適切な受け方。使い方をして下さい。はやく痩せたい気持ちはわかりますが、
逆効果になってしまいますから。
あなたがキャビテーションをやり過ぎない程度に受けることで、
身体は理想の体型に変わっていくかも!?
かわいい洋服。かわいいスカート。
なんでも似合いますよね♪

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

本日はここまで読んでくれてありがとうございました。


 

 

 

 

 

 

トップページに行く。(目次)

↓ ↓ ↓



page top