【飲酒厳禁】キャビテーションはアルコールで肝臓に負担!

 

キャビテーションを受けた後のお酒ってどうなの?

 

肝臓に負担をかけるなんて事はあるのかなぁ〜。

 


 

あなたはキャビテーション後の飲酒に対して、疑問が多いはずです。

 

このページでわかることは?

  • キャビテーションの後の飲酒がダメな理由がわかる。
  • お酒の代わりに飲酒するなら知って欲しいことを紹介。(←大切。)

 

長年エステサロン関係で働いているので、いつの間にかエステの知識がすごい事に。(笑)

 

キャビテーションとお酒の関係について詳しく解説していきます。

 

読んでおくと、キャビテーションを受けて、いつお酒が飲めるのかわかりますよ。

 

また、大切な情報もあります。

 

 

キャビテーションの効果を知っておこう!

 

 

キャビテーションとは気泡がはじける際に、高温度になり脂肪も柔らかくすることを言います。

 

これを乳化すると言い、カラダから脂肪が排出されやすくなります。

 

この時に、一度は肝臓にいき分解されるので、肝臓に負担がかかるわけです。

 

キャビテーションの効果は2日間と言われていますので、この期間はとくに肝臓に負担がかかるわけです。

 

 

キャビテーション後のお酒は肝臓に負担あり!?

 

 

あなたがエステサロンに行き、キャビテーションエステを受けたとします。

 

すると、エステシャンから「水分をこまめに取って、入浴してカラダを温めて下さい。アルコールは控えて下さいね。

 

こんな事をたいていのエステサロンで言われます。

 

「アルコールを飲めば、血流が良くなって、カラダが温まるからいいじゃないの〜。」

 

はい、キャビテーションの後の飲酒はあまりよろしくありません!

 

理由として、肝臓に負担がかかりまくるからです。

 

キャビテーションを受けて脂肪やセルライトにプラスして、お酒の分解で肝臓に負担がかかります。

 

結果→キャビテーションの効果がイマイチになる。

 

キャビテーションを受けた後にお酒を飲むと、どれくらい負担がかかるのか?

 

下は一例です。見てもらえますか?

 

  • 日本酒一合180ml
  • 缶チューハイ500ml
  • ビール500ml

 

上はどれも同じくらいのアルコールが入っています。これを肝臓が分解するのに、ふつうは4時間かかります。(肝臓の働きがものすごく良くても2時間はかかる。)

 

2本ならふつうは8時間かかるというワケです。

 

肝臓は「ビール、ロング缶一本」のアルコールを分解するのに、4時間は働かないといけません。

 

ここにキャビテーションで溶け出した脂肪を分解すると、さらに肝臓に負担がかかります。

 

肝臓に負担がかかり過ぎると、肝臓の働きが悪くなります。

 

すると、キャビテーションでせっかく受けた効果が、ムダになってしまう可能性があります。

 

キャビテーションエステを受けるのに、お金も発生しているのでもったいないですよね。

 

以上の理由から、キャビテーション後の飲酒やアルコールは控えてほしいと思います。

 

実際にエステサロンでキャビテーションをしているYouTube動画です。

 

「ヴィトゥレのキャビテーション」

 

キャビテーションを受けた48時間後ならOK

 

 

下はキャビテーションを受けた方の口コミです。

 

キャビテーショした後は脂肪が柔らかくなったのを実感しましたが、3日後くらいには元に戻りました。

 


 

上の口コミからキャビテーションを受けてから、2日間は効果が期待できます。

 

その2日間はキャビテーションの効果で、脂肪が乳化しています。

 

その際に、肝臓で分解して排出されるので、3日目から肝臓に負担がかかりにくくなります。

 

キャビテーションの効果がなくなった3日目にアルコールを飲めば、肝臓に負担がかかりにくいと言えます。

 

飲酒をするなら、せめて48時間を超えてから飲んでほしいです。

 

当サイトにはキャビテーションを受けて48時間後の効果を紹介しています。

 

キャビテーションは48時間後まで効果期間のページはこちらを。

 

キャビテーションを受けた後、飲酒を控えるには?

 

 

あなたはお酒が好きだから、このページをお読みだと思います。(笑)

 

キャビテーションを受けた2日間は効果があるから、

 

「お酒を控えないといけない。あ〜〜〜!」

 

「肝臓にも負担がかかるから、なんだか、つまらないなぁ〜。」

 

お酒が好きなら、相当、ツライと思います。汗

 

そこで、

  • アルコールゼロを飲む。
  • 炭酸水を飲む。

 

ノンアルコールや炭酸水を飲んではいかがでしょうか?

 

「そんなんじゃ、物足りないよ〜。」という感想だと思います。

 

アルコールが入っていないので、さびしい感じですが、ノンアルコールはわりと美味しいんですよ。

 

飲んでないなら、わりとイケると思います。

 

さらに炭酸水も、スッキリしていて美味しいんです。最近では強炭酸もたくさん販売されていますよね。(炭酸水も種類が豊富。)

 

あなたもアルコールゼロや炭酸水で肝臓の負担を和らげてほしいです。

 

飲んでみると、「わりとおいしいじゃん!!」という意見に変わるかもです。

 

肝臓に負担をかけずに、アルコールが飲みたいなら?

 

 

「キャビテーションを受けて、細くなりたい!」

 

「だけど、どうしても酒が飲みたい!」

 

そんなあなたは缶ビールを一本だけ飲んで下さい。

 

アルコールを飲むなら、つまみに、タンパク質を多めに取ると、肝臓の負担を和らげます。

 

枝豆、豆腐、チーズなどはタンパク質を豊富に含むので、肝臓の働きを助けます。

 

「飲んだ時は、なにか食べて飲みなさい。」と言われたことはありませんか?

 

もしも、アルコールを飲むなら、タンパク質が豊富な食品を食べて下さいね。

 

もちろん、食べ過ぎは厳禁ですよ。

 

わたしはダイエットでストレスが一番の敵だと思っています。

 

それなら、小さい缶を1本だけ飲んでください。(あまりオススメできませんが。)

 

それであなたのストレスが落ち着くなら、1本だけ飲むのはアリだと思います。

 


 

キャビテーションを受ける前後の食事の取り方は知っていますか?

 

食事の取り方を知っておくと、キャビテーションの効果がアップします♪

 

【マジ?】キャビテーション前後の食事が大切!?後のご飯は…

 

 

まとめ

 

 

キャビテーションとお酒について紹介しました。

 

キャビテーションは肝臓に負担がかかるので、最低でも2日間はあけてから、お酒を飲んでほしいと思います。

 

キャビテーションの効果がイマイチになったら、受けた意味がないですからね。

 

あなたがキャビテーションを受けて、カラダが細くなることを応援しています。

 

あっ、アルコールもほどほどに。(笑)

 

 

本日はここまで読んでくれてありがとうございました。


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top