【超必見】キャビテーションは何日おきが良い?通う頻度と回数は?

 

キャビテーションって何日おきに施術を受けると良いの?

 

やっぱり毎日かなぁ〜。どうなんだろ〜。

 


 

キャビテーションエステって、何日おきに受けたら良いのか疑問ですよね。

 

このページでわかることは?

  • キャビテーションの理想的な受ける頻度がわかる。
  • キャビテーション後に効果のあるセルフケアを紹介。(読んでおくと受ける回数を減らすことが可能。)

 

長年エステサロン関係で働いているので、いつの間にかエステの知識がすごい事に。(笑)

 

キャビテーションの受ける回数を詳しく解説していきます。

 

読んでおくと、キャビテーションの回数を減らすことができ、その分、エステをほかに回すことができますよ!

 

 

キャビテーションの通う頻度は何日おき?

 

 

あなたがこれからキャビテーションを受けるなら、通う頻度って疑問だと思います。

 

一体、何日おきに受ければ良いのか?「ん〜〜っ。」て感じですよね。

 

まずは、キャビテーションの効果期間を紹介すると、48時間が効果を発揮しやすい期間となります。

 

それ以降は効果が少しずつ弱くなっていきます。

 

下の口コミは、キャビテーションの効果を口コミしたものです。

 

 

キャビテーショした後は脂肪が柔らかくなったのを実感しましたが、3日後くらいには元に戻りました。


 

キャビテーションを受けた口コミから、3日目から脂肪がもとに戻ったと言われています。

 

キャビテーションを受けた後は、脂肪細胞が柔らかくなり、排出しやすくなっています。

 

これを乳化した。と言います。

 

 

3日目から脂肪が固くなると言われています。

 

キャビテーションの効果は、48時間の持続時間があるようなんです。

 

もちろん、個人差もありますが。

 

この理由から、キャビテーションの受ける頻度は、早いタイミングなら3日おきに受けると良いと言えます。

 

毎日施術を受けたり、2日連続受けるようなことはしないでください。

 

最低でも3日から4日はあけて欲しいです。

 

キャビテーションの頻度は、多くて1週間に1回から2回で十分と言えます。

 

キャビテーションの頻度から肝臓に負担がかかる!?

 

 

キャビテーションを受ける頻度は、最低でも3日後以上はあけて受けて欲しいと伝えました。

 

その理由は、キャビテーションを受けて溶け出した脂肪細胞。それにセルライト。

 

人間のカラダの脂肪などは、一度は肝臓によってから排出されるようになっています。

 

そのため、たくさんの老廃物(脂肪やセルライト)が肝臓にいくので負担がかかります。

 

あなたがお酒を飲むなら、さらに肝臓に負担がかかります。(汗)

 

すると、肝臓の働きが悪くなり、脂肪細胞を排出する働きが弱くなります。

 

結果として、キャビテーションの効果なし。(汗)

 

とも言えるワケです。キャビテーションの受ける頻度は最低限は守って欲しいです。

 

早くカラダを細くしたいのはわかりますが、毎日受けたり、2日連続受けないでください。

 

効果がないばかりでなくカラダの負担になるので、オススメはできませんよ。

 

キャビテーションを受けて、飲酒するとどうなるの?当サイトには専用のページがあるのでお読み下さい。

 

怖いことがおこります。。。

 

キャビテーションとアルコールのページはこちらです。

 

キャビテーションの効果あげる方法は?

 

 

キャビテーションの効果を上げるには、エンダモロジーのあるエステサロンを選ぶと良いです。

 

 

エンダモロジーはローラの効果で血流を良くしていき、セルライトや脂肪を排出しやすいエステです。

 

とくにキャビテーションの後に受けると、効果がアップしやすいです。

 

血流を良くする効果がエンダモロジーの特徴と言え、キャビテーションとも相性が良いです。

 

ハンドマッサージの強いエステサロンを選ぶ

 

エステサロンによっては、キャビテーションの後に、あまりハンドマッサージを行わないエステサロンもあります。

 

キャビテーションの効果を上げるエステの流れ

  1. カラダを温める。
  2. キャビテーションをする。
  3. ハンドマッサージで流す。

この流れはキャビテーションを行う基本中の基本です。(似たような効果のエステに変えている場合もある。)

 

これがないエステサロンもあるので、「このエステサロンはダメダメだね〜。」と思わず言ってしまうくらいです。(汗)

 

キャビテーションとハンドマッサージやリンパマッサージはセットと思ってくださいね。

 

実際にエステサロンでキャビテーションをしているYouTube動画です。

 

「ヴィトゥレのキャビテーション」

 

キャビテーション後はカロリーオーバーに注意

 

 

キャビテーションを受けた後は、食事を2時間は控えるようにする良いです。

 

理由としてキャビテーション後はカラダの吸収がものすごく良く、カロリーを多く取ると、せっかくのキャビテーションが無意味になります。

 

そうならないように、水分補給をこまめに取って、食事は控えめに取ると効果がアップします。

 

キャビテーションを受けたら、食事は最低限にとどめておきましょう。

 

キャビテーションの効果をアップさせる、食事のとり方のページがあります。

 

下からチェックできますので、読んでおくと効果アップ間違いなしです。

 

キャビテーション前後の食事の取り方は?

 

水分を多く取り、尿をたくさん出す

 

 

キャビテーションを受けた後、とくに水分をこまめに取って尿をたくさん出すと良いです。

 

理由として、カラダにある老廃物をなるべく出すことで、キャビテーションで乳化した脂肪を流しやすくするからです。

 

キャビテーションは効果の時間も2日くらいなので、その2日間は尿をなるべく出す努力をしましょう。

 

たいした事ないと思われますが、小さな事をコツコツ行うと、後々にすごい効果に変わりやすいです。

 

 

身体を温めると効果的

 

 

キャビテーションを受けたら、なるべく身体を温かくすることが大切です。

 

キャビテーションって、受ける前にはカラダを温めます。

 

エステサロンによって、発汗ドームに入る。発汗するクリームを塗る。

 

とにかく、脂肪細胞は温めることが大切になるので、キャビテーションを受けた後は、カラダを冷やさない。厚着をするなどの工夫をしてください。

 

夏場のエアコンはせっかく乳化した脂肪細胞をもとに戻してしまうので、なるべく、エアコンに当たらない努力をしてくださいね。

 

キャビテーションを受けた2日間はとくに注意すると良いでしょう。

 

キャビテーションを受けると、体に異変が起こることがあります。

 

下の記事はキャビテーションで受けた後について紹介しています。

 

【疲労感】キャビテーション後はだるい・疲れる・眠気あり!?

 

キャビテーションの回数を減らすことも!?

 

 

キャビテーションを受けた後は、効果をアップさせるチャンスです。

 

カラダを温める努力をする。入浴をしたり、水分をこまめに取ったりすることで、キャビテーションの回数を減らすこともできてしまいます。

 

そこで大切なのが、セルフケアです。

 

水分を取ったり、カラダを温めることはキャビテーションの効果をアップさせます。

 

キャビの効果が高めることで、1回分や2回分のキャビテーションを減らすことできるワケです。

 

1回分をほかに回すこともできる。

 

そのため、普段の生活からキャビテーションに良いことを、どんどん取り入れて欲しいです。

 

キャビテーションの効果をあげることは、痩せやすいカラダを早く作ることができます。

 

すると、ダイエットが楽しくなり、ダイエットを成功しやすくなりますよ♪

 

キャビテーションが評判なエステサロンのYouTube動画です。

 

ヴィトゥレでセルライト体験。

 

 

キャビテーションを効果的な頻度で受けるメリット

 

 

キャビテーションを効果的な頻度で受けるメリットを紹介していきます。

 

  • 部分痩せが早まる。
  • 固まったセルライトをすばやく排出する。
  • リバウンドしにくくなる。
  • 老廃物が流れ、血流がよくなり、痩せやすいカラダになりやすい。
  • 血流が良くなると、むくみの解消になる。
  • 血流の流れが良くなると、疲労回復が早くなる。

 

以上はキャビテーションを理想な頻度で受けたメリットです。

 

キャビテーションの効果が高い部位

 

 

キャビテーションの効果ある部位・・・

 

お腹やヒップ、太もも、二の腕などの部位は脂肪が多く、キャビテーションの効果を実感しやすい箇所です。

 

エステサロンでは、片方の太ももだけキャビテーションを当てて、あえて効果を比較するエステをするサロンもあります。

 

とくに太ももやお尻は効果が高いと覚えておきましょう。

 

逆に効果が実感しにくい部位は・・・

 

足首、肩、首、顔などがその部位です。

 

キャビテーションの効果が実感しにくいのは、脂肪が少ないなどの理由です。

 

脂肪がないと、キャビテーションは効果を発揮しにくいエステです。

 

できるなら、セルライトや脂肪が多くついている部位にキャビテーションを当てましょう。

 

キャビテーションには3つのデメリットあり!

 

 

キャビテーションはメリットが多いと思われがちですが、デメリットもいくつかあります。

 

意外なデメリットもあるのでこの先を読んでもらって、キャビテーションのデメリットを把握してくださいね。

 

キャビテーションで下痢や腹痛になる!?

 

 

キャビテーションはお腹周りにエステすると、下痢になる可能性があります。

 

理由はお腹の中。とくに腸内に刺激を与えているので、便通がいきなりよくなります。

 

そのため、キャビテーションには健康被害があると言われてしまいます。汗

 

ですが、キャビテーションにはとくに副作用などのない安全なエステです。下痢になったり便通が良くなるのは、腸内を刺激しているからです。

 

骨伝導の音が気になる。

 

 

キャビテーションは個人差によりますが、骨伝導の音が「キーン」と聞こえてきます。

 

この音は、本人のみ聞こえるので不快に思われる方もいらっしゃいます。

 

最近では、ベッドの枕を金属と樹脂にすることで、骨伝導の音を殆ど聞こえなくすることもできます。 

 

音が気になるなら、スタッフに相談すると良いでしょう。

 

ちなみにキャビテーションの音は、回数を重ねても聞こえなくなることはありえません。(汗)

 

脂肪が多く固いと、回数が増え料金が高くなる。

 

キャビテーションは個人差によっては回数が増えることもあります。

 

その代表例が

 

脂肪が多く、脂肪が固い。

 

キャビテーションは脂肪を乳化させて、排出させます。

 

ですが、脂肪が多くて固いと、なかなか効果を発揮できません。

 

すると、キャビテーションの回数が増えていきます。当然と料金も増えていきます。汗

 

脂肪が多くて固くても、セルフケアをコツコツと行うことで、キャビテーションを効果的にできます。

 

ご自身でできることは積極的におこない、回数を減らし料金を安くしましょう。

 

キャビテーションで評判のあるエステサロンを紹介。

 

 

キャビテーションで評判のエステサロンを紹介します。

 

知っておくと、キャビテーションを効果的に受けることができ、受ける回数や頻度を減らすことができます。

 

BTBエステのキャビテーション

 

 

マシン一台で4つのエステを体験できる、バイオセルファイアEXを設置しています。

 

キャビテーションも含まれていて、体験コースでキャビテーションを体験できます。

 

BTBエステの人気とYouTube動画です。

 

TVでBTBエステを紹介!

 

BTBのマシンについて

 

美美人コンテスト

 

BTB体験レポート

 

ヴィトゥレのキャビテーション

 

 

ヴィトゥレは4種のキャビテーションでエステする特徴があります。 

 

4種とは脂肪の付き方で、キャビテーションの周波数を変えていきます。

 

価格もリーズナブルなので、キャビテーションを気軽に受けるならオススメします。

 

ヴィトゥレの体験コースは3,300円

 

ヴィトゥレのフェイシャルエステ10回以上の料金プラン

  • 13回コース114,400円(1回料金8,800円)
  • 26回コース200,200円(1回料金7,700円)
  • 39回コース257,400円(1回料金6,600円)

 

40回くらいのコースで契約すると、1回あたりのエステ代金が6,600円まで下がります。

 

 

まとめ

 

 

キャビテーションの適切な回数について紹介しました。

 

キャビテーションは受けてから、効果が持続するので、毎日受けても効果がありません。

 

3日以上はあけて、キャビテーションを受けてほしいです。

 

また、キャビテーションは受けた後に、ケアが必要になってきます。

 

あなたもキャビテーションの受ける頻度や回数を把握して、キレイに痩せてくださいね♪

 

 

 

本日はここまで読んでくれてありがとうございました。


 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top